腸内環境をサポートするドッグフード

Pocket

現在ではドッグフードが多く販売されており、その中には無添加で腸内環境をサポートしてくれるドッグフードも販売されています。例えば発酵食品が配合されているものや野菜などを使用して食物繊維を吸収することができるものなどがあります。発酵食品として有名な食材は納豆などがあります。健康のために人間でも食べている方もいるでしょう。また、食物繊維も健康に良い影響を与える食材です。食物繊維は野菜だけでなくきのこからも摂ることができます。また、腸内環境改善として有名なものに乳酸菌や酵素があります。人間のヨーグルトにおいても腸内環境をサポートしてくれるヨーグルトなどが販売されています。

このような発酵食品や食物繊維更に乳酸菌を吸収することによって腸内環境をサポートすることができます。しかし、人間が食べるために販売されている納豆などを直接与えることはするべきではありません。特にヨーグルトにおいては乳糖不耐症の子に与えると嘔吐や下痢を引き起こす可能性があるからです。更に調理をすることに手間がかかります。そのためこのような栄養素が配合されている無添加のドッグフードを通販などで購入し与えるようにしてみてはいかがでしょうか。

添加物のドッグフードは腸内環境に悪影響を及ぼす

Pocket

添加物の含まれたドッグフードには主に保存料や着色料更に防腐剤などが使用されています。それぞれの添加物は消費期限を長くするためや、色合いを良く見せるために使用されています。基本的にプレミアムドッグフードなどは無添加のものですが、場合によっては少量の添加物が使用されているケースもあります。ただし、一般的なドッグフードになってくると、中には大量に使われている製品も存在します。添加物は犬の身体に悪い影響を与えます。また、防腐剤や保存料は内蔵に負担をかけることになります。もし防腐剤などが多い添加物のドッグフードを日頃から与えていると悪玉菌が増えます。上記でも説明したように悪玉菌の増加は免疫力の低下や発がん性物質の増加を促進させるためなるべく避けたいと考える飼い主さんは多いのではないでしょうか。

もし添加物が入っているかどうかわからない方は自宅にあるドッグフードのパッケージの原材料を確認します。原材料は使われている材料が細かく記載されていますがその記載の中に保存料や防腐剤、着色料と記載があればそのドッグフードは添加物の含まれたドッグフードになります。愛犬の腸内を健康に保つため無添加のドッグフードの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。また、現在では腸内環境をサポートしてくれるドッグフードも販売されています。

腸内環境を悪くする理由

Pocket

腸内環境が悪化する原因は様々なものが考えられます。例えば飲み過ぎや食べ過ぎです。飼い主さんの中には可愛さのあまりおやつを1日に何回も与えているという方も少なくないでしょう。人間においても同様ですが食べ過ぎたり飲み過ぎると次の日に胃腸の調子悪化を感じる方も少なくありません。犬も同じように腸に負担を与えてしまうため、食べ過ぎはあまり好ましくありません。また、ストレスも同様に腸内環境を悪化させます。犬もストレスを溜めている子は少なくありません。飼い主さんが毎日お仕事で忙しくて散歩に行ってあげられない子は毎日家の中で過ごしているためストレスを抱えている子も少なくないです。ストレスを軽減させるためには忙しい方でも休日の日は公園に行きペットのストレスを軽減させてあげましょう。

意外だと思われる方もいますがドッグフードから腸内環境を悪化させる可能性もあります。例えば添加物が挙げられます。現在では無添加のドッグフードも販売されていますが、添加物の含まれたドッグフードやおやつが通販やホームセンターなどで販売されていることも多いです。飼い主の方の中には知らないで添加物を与えてしまっている方もいます。では何故添加物のドッグフードは腸内環境を悪化させてしまうのでしょうか。

ドッグフードで腸内環境をサポート

Pocket

犬を飼っている飼い主さんの中にはペットの腸内環境に関して心配を抱いている方もいるのではないでしょうか。犬の腸は大きく分けて二つの役割を担っています。第一に挙げられる役割は食べ物の消化や吸収、更には排泄です。口の中から入れた食べ物は腸の中で消化され栄養分を吸収します。そして必要でない部分は便として排泄されます。続いての役割は免疫機能です。免疫機能とは主に外から侵入した菌に抵抗するための機能です。人間にも免疫機能がありますから理解できる方は多いのではないでしょうか。ではもし免疫機能が低下することでどのようなトラブルが発生するのでしょうか。例えば風邪にかかりやすくなったりアレルギーになる可能性もありますから免疫機能は生きていく上でとても重要な役割を担っています。

腸と健康の役割も存在します。腸には主に二つの菌の住み着いています。それは善玉菌と悪玉菌です。当然悪玉菌が多い腸内環境の犬は毒素や発がん性物質を生成するだけでなく、腸内が腐敗する恐れがあります。そのため悪玉菌が数多く住み着くと健康に大きな影響を与える可能性があります。一方で善玉菌は消化吸収をサポートしたり免疫力を高めてくれます。更に腸管運動を促進してくれるため善玉菌は腸を守ってくれる菌になります。

腸は生きていく上で重要で更に善玉菌を増やすことで腸内環境を良くできることが理解できるでしょう。今回は腸内環境をサポートするドッグフードについて紹介します。