添加物のドッグフードは腸内環境に悪影響を及ぼす

Pocket

添加物の含まれたドッグフードには主に保存料や着色料更に防腐剤などが使用されています。それぞれの添加物は消費期限を長くするためや、色合いを良く見せるために使用されています。基本的にプレミアムドッグフードなどは無添加のものですが、場合によっては少量の添加物が使用されているケースもあります。ただし、一般的なドッグフードになってくると、中には大量に使われている製品も存在します。添加物は犬の身体に悪い影響を与えます。また、防腐剤や保存料は内蔵に負担をかけることになります。もし防腐剤などが多い添加物のドッグフードを日頃から与えていると悪玉菌が増えます。上記でも説明したように悪玉菌の増加は免疫力の低下や発がん性物質の増加を促進させるためなるべく避けたいと考える飼い主さんは多いのではないでしょうか。

もし添加物が入っているかどうかわからない方は自宅にあるドッグフードのパッケージの原材料を確認します。原材料は使われている材料が細かく記載されていますがその記載の中に保存料や防腐剤、着色料と記載があればそのドッグフードは添加物の含まれたドッグフードになります。愛犬の腸内を健康に保つため無添加のドッグフードの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。また、現在では腸内環境をサポートしてくれるドッグフードも販売されています。